鈍足二刀のふいうち日記

カプ・テテフからクイタランまで考察する戦闘狂のブログ

【サンムーン】仲間呼び連鎖における特性の話

Hello, everyone.
英語には"ごきげんよう"に相当する適切な言葉がないようです。これを聞いて私は日本に永住することを決意した。

 

 

ごきげんよう、くるみです。
今回は仲間呼び連鎖についての記事です。仲間呼び連鎖における「エンカウント時に効果を発揮する特性」の挙動が少々どころじゃなく厄介だったため、それについて適当にまとめていきたいと思います。

 

 


厄介ポイントその①

手持ちの一番上のポケモンの特性が発動するとは限らない


これは知ってる方も多いんじゃないでしょうか。一番上に瀕死のシンクロ要員を配置しても、呼び出されたポケモンに対しては効果を発揮しません。
呼び出されたポケモンに対して効果を発揮するのは「仲間を呼んだときに戦闘に出ているポケモンの特性」です。
なので特性を発動させたいときには、その特性を持ったポケモンを場に出して連鎖を続けるしかありません。
まぁこんなん誰でも知ってるので次。

 


厄介ポイントその②

シンクロが発動したときは手持ちの一番上のポケモンの性格が参照される


???
訳分かんないけどそういう事らしい。
シンクロ要因が必ずしも狙った性格じゃなくていいのは楽かもしれない。
これも連鎖強者にはよく知られた知識。

 


厄介ポイントその③

発動する特性は「そのポケモンが本来持った特性」


これに騙された。どういう事でしょうか?これは私がさっき体験した例を出して説明します。
そのとき私は何を思ったか色違いのエンニュートを手に入れようとしていたんです。ですが孵化作業からコツコツやってると♂のヤトウモリが生まれたりして精神衛生上よくないと考えて、メロメロボディ+連鎖で捕まえることにしました。
そこで厳選要員を用意するわけですが、残念ながらみねうちとメロメロボディを両立できるポケモンはいませんでした。
そこで私は「いないなら作ればいいじゃない」と考え、メロボスキスワニンフィアとスキスワみねうちドーブルを用意しました。
そしてようやく、メロボドーブルを駆使して♀色厳選が始まるわけですが……もうお分かりですね?
はい、ドーブルのメロメロボディは発動しませんでした。戦闘中に上書きした特性には反応してくれないようです。
呼び出すときにその特性になっていれば…と思ったのですが、残念。厳選要員の2匹はボックスの肥やしと相成りました。

このことから、連鎖時に発動する特性は「そのポケモンが本来持った特性」ということになります。スキスワで上辺だけ繕ってもごまかせません。ゲーフリはちゃんと見ています。

 

 

 

おわりに

 

いかがだったでしょうか?我ながらニッチな記事ですね、どこに需要があるんだこれ…。
①、②はまだしも③について知っている人はごく僅かだと思います。明日友達に自慢しましょう。(何言ってんだこいつ…)って顔されても責任は負いかねます。
まぁ③については特性の判定ポイントが違うということで、うまくすれば特性を二つ持てることになってなんかいい感じのことができますね!!

 

今回も皆さんの為になる記事が書けて良かったです。またそのうちにどこかでお会いしましょう。
ではその時まで、ごきげんよう